気になる

農業に興味があるのなら絶対に読んで欲しい「農ガール、農ライフ」

水のいい場所、食べ物のいい場所に行くと
健康面でも肌の調子も良くなります。

やっぱり食べ物って重要ですよね。

サプリに頼るのもいいですが、良い食べ物を食べられるということは
とても幸せなことだと思います。

家庭菜園が好きなので、農業への憧れや期待があり、
興味を持っていたので垣谷美雨さんの
「農ガール、農ライフ」を読んでみました。

「農ガール、農ライフ」は読んで欲しい小説

耕せば、人生は開ける! ……って本当ですか?
仕事も彼氏も家も失い、農業に目覚めたアラサー女子。
おんな一人、自給自足のハッピーライフは手に入るのか?
すべての迷える女性に贈る、リアル・サバイバル小説!

大丈夫、まだ、笑える――新しい自分に出会うRe:スタート!
「結婚を考えている彼女ができたから、部屋を出て行ってくれ」
派遣ギリに遭った日、32歳の水沢久美子は同棲相手から突然別れを切り出された。
3年前、プロポーズを断ったのは自分だったのに。
仕事と彼氏と家を失った久美子は、偶然目にした「農業女子特集」というTV番組に釘付けになった。
自力で耕した畑から採れた作物で生きる同世代の輝く笑顔。
――農業だ!
さっそく田舎に引っ越し農業大学校に入学、野菜作りのノウハウを習得した久美子は、
希望に満ちた農村ライフが待っていると信じていたのだが……。

派遣切りの日に同棲相手からも別れを告げられ、
新しい部屋も借りれずどん底に落ちてしまった女性が
農ライフに希望を感じて奮闘する物語です。

私はこの小説を読むまで、かなり農業を軽く考えていました。

主人公の久美子と同じように、農業へ新規参入する個人に対し、
田舎の人は優しく、両手を広げて歓迎してくれるものと錯覚していました。

過疎対策のために移住する優遇されるべきゲスト。
このような勝手な思い込みです。

考えてみればそんなに甘いものでは無いということはわかります。

でも、テレビで見る農ライフや農ガールがそういう錯覚を植え付けているように思います。

農ライフに対する甘いイメージを植え付けることで誰が得するのでしょう?

テレビ局の視聴率稼ぎになるのでしょうか?

ふらっと田舎に行き、地元の方にものすごく親切にされ、
歓迎されながら農作業が出来る。

女性でも体力や筋力が問題にならず、
簡単に作業が出来る道具があり、
農作物も立派に育つというような幻想を抱かされます。

アイドルやタレントの充実した農ライフの裏に何があるのか?

もしも農ライフや農ガールに憧れを抱いているのなら
ぜひ読んでいただきたい小説でした。

文章は読みやすく、文字数稼ぎの描写や展開がほとんど無い
面白い小説なのでグイグイ読めます。

ハッピーエンドなので農業に興味が無い方にもおすすめですよ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

農ガール、農ライフ [ 垣谷美雨 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2017/2/13時点)

 

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ランキング応援お願いします

にほんブログ村 美容ブログ ニキビ・吹き出物へ にほんブログ村 健康ブログ 40代の健康へ にほんブログ村 ダイエットブログ 40代男性のダイエットへ

オススメ記事一覧

PAGE TOP