泥洗顔どろあわわ

どろあわわは3倍泡立てないとモッタイナイ。簡単な方法で泡がドンドン増える

どろあわわを使用してる写真をブログに載せたところ、
ウソだ!大げさに泡を盛っているのだろうと笑われました。

この記事です⇒どろ豆乳石鹸「どろあわわ」を使った感想。ニキビ跡が目立つ40代男性の肌ケアにオススメ。

あの写真は、なにも大げさな事はやっていません。

いつもの使い方でアレぐらいの泡がモコモコと作れるんです。

どろあわわの使用量も1~2センチほどでいいですし、
やり方も簡単なので、やってない人はマネしてください。

どろあわわは3倍泡立てろ

どろあわわを泡立てるには、泡立てネットが最適です。

水が多すぎると泡がゆるくなってしまうので、
ネットを濡らすだけで、それ以外の水は使わないようにしてください。

手のひらに少し水をためておいて・・・
なんてことはしないでください。

濡らしただけの、本当にコレだけの水で良いのかなと思う程度の水で良いんです。

当然、泡立てネットからは水が落ちますがそれで良いんです。

自らラーメン屋の湯切りのように水を切る必要はありませんが、落ちてしまう水はそのまま落としてください。

それぐらいの湿り気をもった泡立てネットにどろあわわを1~2センチ出し、クシュクシュって泡立てると濃密な泡ができあがります。

出来上がった泡はほっぺたやアゴに乗せて、
2回目のクシュクシュを始めてください。

初回と同じように濃密な泡が出来てきます。

この泡をまた顔に乗せます。

泡が多すぎて乗せるところが空いていないかもしれませんが、
目はあけたいので目より下に乗せてください。

ブログランキング応援ありがとう
にほんブログ村 美容ブログ ニキビ・吹き出物へ にほんブログ村 健康ブログ 40代の健康へ にほんブログ村 ダイエットブログ 40代男性のダイエットへ

そして、もう一度。

3回目のクシュクシュを始めます。

またまた濃密な泡が出来上がって来ます。

簡単でしょ?

濃密な泡が3倍出来上がりました。

泡立てを1回で止めてしまってはモッタイナイので
3倍泡立てを頑張ってみてください。

どろあわわの泡で窒息しないように注意

泡を顔に乗せて行くと、口も鼻も泡で埋もれてしまい息ができなくなります。

泡洗顔で窒息したなんてことになったら恥ずかしいので、呼吸できるように注意してくださいね。

泡の厚みが凄いので、始めての時は少しパニックになりました。

「えっ息が出来ない。どうしよう。」って。

でも、よく考えると口を開ければ良いんですよね。

口を開けると泡が口に入ってきそうだから口をギュッとつぐんでました。そんな時に鼻も覆われたら・・・パニックです。

でも泡がしっかりとしているので、少しなら口を開けてもけっこう平気です。

もしも息が出来ないと思ったら慌てず口を開けたり鼻の泡を拭ったりしてくださいね。(笑)

まあ、私のように慌てる人はあまりいないでしょうが。

関連記事

  1. 豆乳イソフラボンの洗顔ホームは毛穴の汚れを取りつつハリもアップす…
  2. どろあわわ洗顔後につや肌とろり液を塗ってもハリ不足なら新バージョ…
  3. 男性も必見!毛穴が気になる脂性の方に実践していただきたい泡洗顔の…
  4. 「どろあわわ」の泡立ちがスゴイから動画を見てみよう
  5. ニキビに悩む男性に「泥洗顔」がおすすめな理由。驚くべき泥の効果と…
  6. お肌の問題にハトムギ化粧水の成分が効果的ってホント?
  7. 大人ニキビ専用の洗顔でも治らないと悩んでいる人はアレが足りていな…
  8. ニキビ肌に紫外線対策は必要?ニキビを悪化指せない日焼け止めの選び…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサー

特集

  1. どろ豆乳石鹸「どろあわわ」を使った感想。ニキビ跡が目立つ40代男性の肌ケアにオススメ。
  2. アルマードの卵殻膜ドリンクで話題の美容成分3型コラーゲンを補充した感想

最近の記事

  1. 毛穴の黒ずみや引き締めにアーティチョークが効果的ってホント?
  2. ニキビ対策にナッツを食事に取り入れて忙しい毎日を乗り切りましょう
  3. 男性にも人気のどろあわわを購入して使用されている方の評価は、どういったものでしょう。
  4. 男性も必見!毛穴が気になる脂性の方に実践していただきたい泡洗顔の方法
  5. 人気のプラセンタ美容液に副作用はあるのか?トラブルを回避するための方法

ランキング応援お願いします

にほんブログ村 美容ブログ ニキビ・吹き出物へ にほんブログ村 健康ブログ 40代の健康へ にほんブログ村 ダイエットブログ 40代男性のダイエットへ

ピックアップ記事

PAGE TOP