泥洗顔どろあわわ

オイルクレンジングが効かない?毛穴に詰まっている角栓の正体や除去方法とは

あの困った毛穴につまる角栓の主成分を皮脂だと考えている人はたくさんいらっしゃるのではないかと思います。
実のところ、これって大変な思い違いで角栓の70%は不要な角質なので、タンパク質なのです。

皮脂なら溶かし出す事が出来るでしょうが、タンパク質なのでオイルやホットタオルで溶かし出すというようなことは出来ないです。

これを知らずに、オイルクレンジングでゴシゴシとマッサージを行うみたいなことをすると、角質層に傷がつき、肌が自らを防護するために続々と角質を作り出すようになって、一段と毛穴が詰まりやすくなっていくので注意してください。

毛穴の角栓を排除する方法とは?

それじゃ、どういう風に角栓ケアをすることが健全なのでしょう?

ザックリ分けると、毛穴の詰まり対策としまして肝心なのは下にあげた3ポイントになります。

1.肌に傷をつけることなく毛穴を詰まらせるよけいな角質を除去する
2.余計な角質が作り上げられる原因を一掃する
3.角栓が除去しやすいように毛穴をやわらかくする

各々について、正しいスキンケア方法を次に解説します。

いらない角質をそっと取り除くテクニック

角質はタンパク質ですから、基本として油性の汚れをお掃除するようにデザインされているクレンジング剤や洗顔剤ではきれいに取り去れません。

そういう理由で、タンパク質系の汚れをそっと取り除くことの出来るピーリング石鹸や酵素洗顔料を利用しながら、そっと古い角質を軽減させることを意識しましょう。

何度も言いますが、クレンジング剤などを使って古い角質を落とそうとして、かなりの時間をかけてクレンジングを行ったり、ゴシゴシとこすりつけると、肌にダメージを受けたりします。
それに、角質層におけるセラミドなどの細胞間脂質や天然保湿因子まで落としてしまう時もあるようです。ぜったいに控えるようにしましょう。

いらない角質が作り出される原因を一掃する

よけいな角質が作り出される一番の原因は、肌の乾燥や角質層にプレッシャーが加わることです。それらをブロックするために次のようなポイントに注意するようにすべきです。

・洗顔時やクレンジング時に肌をこすってしまわないようにする
・洗顔ブラシやスクラブ洗顔剤などは使用しない
・熱すぎるお湯で洗顔しない
・クレンジングや洗顔は短時間にする
・洗顔後はしっかり保湿する
・外出時の紫外線対策を正しく行う
・睡眠不足やバランスの悪い食事などの生活習慣を改める
・角栓が除去しやすい様に肌や毛穴をやわらかくする

肌や毛穴が硬直してなると、角栓が取れ辛くなっていくので注意してください。特に鼻の毛穴が目立つ人は「鼻体操」を1週間に2~3回行なうと、鼻の肌や毛穴をやわらかく保持し、角栓が除去しやすい状況を作り上げていくことができます。

鼻体操のしかた

鼻体操を試してみるならば、角質層にプレッシャーを与えないよう、肌をこすったり、強烈に力を入れ無いようにご注意してください。

1.小鼻に左右の手の中指と薬指を置いて、鼻をはさむ状態にする
2.鼻を左右にそっと働かせる
3.その次に、鼻を上下に動かす
4.鼻を回すみたいに動かす
5.小鼻をつまみ、ちょっぴり押し出すことを心掛ける

角栓の正体をつかめば正しい対策方法も簡単ですよね。優しくスキンケアしてみてください。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ランキング応援お願いします

にほんブログ村 美容ブログ ニキビ・吹き出物へ にほんブログ村 健康ブログ 40代の健康へ にほんブログ村 ダイエットブログ 40代男性のダイエットへ

オススメ記事一覧

PAGE TOP