泥洗顔どろあわわ

ニキビ肌に紫外線対策は必要?ニキビを悪化指せない日焼け止めの選び方

ニキビ悪化の原因は日焼け止めかもしれません

出来てしまったニキビを深刻化させる要因の1つに、紫外線が考えられます。

ニキビ肌は紫外線にさらされるとその部分に炎症が生じ、より一層の悪化に見舞われます。

悪化させないためにも、紫外線をブロックしなければならないのです。

しかし、 この紫外線プロテクトに役に立つ日焼け止めがニキビの悪化をもっと早めてしまいがちなのです。

紫外線対策は必要なのか?

ニキビ肌の人でも、そうでなくても紫外線対策は肌のことを考えると、必要と言っていいでしょう。

光が肌の老化を早めてしまいますから、出来るだけガードしたいものです。

といってもニキビ肌に日焼け止めを塗りつけるのは抵抗がありますよね。

でも日焼け止めは付けてください。UVケアをなんにもしないで無防備な状態の下で紫外線にさらされると、肌は紫外線を防御しようと角質を分厚く硬質化させてしまいます。

そうなると、毛穴が詰まってしまいニキビが更にできやすい肌になってしまいます。こうなると肌は抵抗する力も不足がちになり、炎症やニキビの悪化が生じます。

その上、紫外線は肌の水分を蒸発に導くことから、 肌のバリア機能もダウンさせるでしょう。

ニキビ肌の方が日焼け止めを選ぶ注意点

これらのことからニキビが出来ていたとしても紫外線対策を行った方が良いでしょう。日焼け止めは欠かせませんね。

ニキビ肌にストレスを与えないような日焼け止めを選んで使用してください。

注意点としては、紫外線吸収剤フリーの物を選ぶようにしてください。

紫外線吸収剤は、「アレルギー等の皮膚障害を引き起こす恐れのある成分」として、旧表示成分に指定されている成分です。

ニキビが出来ている肌がセンシティブな人については強すぎる刺激になるかもしれません。すべてのニキビ肌の方に問題が生じるわけではありませんが、避けれるものなら避けたいので大事をとって紫外線吸収剤の入っていない物を選択してください。

同じ理由で、無香料や無着色の物を選びたいものです。

ニキビ肌へのダメージを何としてでも和らげることに意識を向け、UV効果については関係のない香料や着色料は不要な成分なので、含まれていない物を選んでください。

紫外線で角質が硬くなるならピーリングしても良いの?

もしご自身でピーリングなどの角質ケアを実行されている場合は注意してください。

紫外線により肌のバリア機能が衰えている状態です。 ピーリングを実践した後は、とりわけ丁寧にスキンケアしなければ、増々ニキビを悪化させることが考えられます。

UVケアや保湿ケアなど複合的にケアしていきましょう。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ランキング応援お願いします

にほんブログ村 美容ブログ ニキビ・吹き出物へ にほんブログ村 健康ブログ 40代の健康へ にほんブログ村 ダイエットブログ 40代男性のダイエットへ

オススメ記事一覧

PAGE TOP