シミ対策

シミのタイプ別にケア方法や特徴を調べてみました。

老人性色素斑とは?

老人性色素斑とは薄茶色の楕円シルエットのシミが、とりわけいっぱい目立つタイプのシミです。

強い紫外線の命中が簡単な顔や首、腕などにドンドン浮き出てきちゃいます。受けた直射日光量がいっぱい溜まるとメラニン色素が沈着したりして引き起こされるようです。

オジサンやオバサンのように年を積み重ねるにしたがってシミがアップしてきがちです。

レーザーでのケアが良いと言われているシミです。

肝斑とは?

肝斑とは、両頬の骨に沿ってワイドな範囲に茶色味がかかるのが特徴のシミなんです。

女性ホルモンが元凶であると言われていて、30~40代で次々に出現すると思いますが、閉経する50代の後半になるとトラブルがおさまって来てくれるんです。

加えて、妊娠や経口避妊薬の服用が原因で出現することもあり得ます。

ケア方法としては、レーザーケアではかえって色を濃くなってしまうことだってありますから、クリームを塗ったりサプリ的なものを飲んだりします。

そばかすとは?

そばかすとは、顔の頬や目の周りなどにできるポツポツとしたシミです。UVでエスカレートするから、太陽の当たりやすい皮膚に現れます。

遺伝性と言われていますし、肌が白い人の方ができやすいようです。また、思春期にエスカレートする割合が高いです。

赤毛のアンなどのアニメでよく描かれているのがそばかすです。

レーザーでのケアを主としまして、薬を塗ることもあります。

炎症後色素沈着とは?

炎症後色素沈着とは、ニキビなどの影響で肌が炎症を起こしたあとに出来る茶色や黒褐色のシミのことです。

ニキビや虫刺され、火傷、かぶれ、アトピーなどの炎症が、活性酸素を発生させることから跡になってしまうんですね。

日時の経過とともに少しずつ改善していきますので、レーザーでのケアなどはシミが確実に跡になった時などに行われるようです。

まとめ

まだまだ、いろいろなシミがありますので日ごろからシミにならないように紫外線対策やシミケアをおこなっていきましょう。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ランキング応援お願いします

にほんブログ村 美容ブログ ニキビ・吹き出物へ にほんブログ村 健康ブログ 40代の健康へ にほんブログ村 ダイエットブログ 40代男性のダイエットへ

オススメ記事一覧

PAGE TOP