シミ対策

シミ体質は遺伝するので縄文系の日本人は注意が必要です

ソワン

シミ遺伝するものでしょうか?

お母さんがシミの多い人ですから子供の自分もいつかはそうなるのではと恐ろしく思われている人も多いかも知れませんね。

逆に母は全然にシミに困っていない様子だから、自分もどうってことはないと考えているというような方もいらっしゃると思われます。

確かにシミの出来やすさは遺伝していきます。これはメラニンの生成力やメラニン色素の残留しやすさなどもそうですが、紫外線からのインパクトの受けやすさというような体質も遺伝するようです。

また、地黒や色白というような色に対する肌質も遺伝し、シミのできやすさに影響を及ぼします。

地黒の肌は元来紫外線に対する守備力が高いためシミが出来にくく、色白の肌は直射日光のダメージに弱いためシミができ易いことがはっきりしています。

色白の方はそばかすができやすいといった特徴もあるため、そばかすは遺伝が強く現れていると言えるでしょう。

こういったメラニンの量や肌のタイプの遺伝による影響が、シミやそばかすのできやすさは親譲りのものだといわれる原因というわけです。

日本人を2分する縄文系と弥生系ではどちらがシミになりやすい?

近頃のリサーチによると縄文系の日本人はシミのできやすい遺伝子があって、弥生系の日本人はシミのできにくい遺伝子を持っているといったことが分っているようです。

これにはメラニンを生みだす量をコントロールする遺伝子(MC1R)が影響しています。MC1Rにはシミが出来やすい「シミ型」とそうじゃない「通常型」の2種類があって、この「シミ型」の遺伝子と縄文人の特性が一致しているというような研究結果が報告されているのです。

縄文系は鼻が高かったり、くせ毛があったり、耳垢がしっとりしているなどの特徴がありますので、そういった特徴を持つ方はシミにも注意したほうが良いかもしれません。

より紫外線対策やスキンケアに注力して取り組むべきではと思われます。

関連記事

  1. アルマードの卵殻膜ドリンクで話題の美容成分3型コラーゲンを補充し…
  2. シミ対策のシミウスで大人ニキビが治るのか調べてみました
  3. ニキビ跡の色素沈着はオールインワンジェルのシミウスで保湿しながら…
  4. そのシミは肝斑(かんぱん)ですか?
  5. シミなどに効くビタミンCの良い作用を見直してみました
  6. お肌の為に化粧品の成分にこだわらないと黒ずんだりする可能性もあり…
  7. シミのタイプ別にケア方法や特徴を調べてみました。
  8. 紫外線によるシミダメージはメラニンの生成に異常が起きている

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

カテゴリー記事一覧

ランキング応援お願いします

にほんブログ村 美容ブログ ニキビ・吹き出物へ にほんブログ村 健康ブログ 40代の健康へ にほんブログ村 ダイエットブログ 40代男性のダイエットへ

スポンサー

カテゴリー記事一覧

PAGE TOP