スキンケア

汗疹やかぶれで困っている方は通気性の良い服装や保湿に気を付けてください

暑いですね。ムシムシするときなど汗をいっぱいかいてしまうと「汗疹(あせも)」が気になります。

思いっきり遊ぶ子供は汗をいっぱいかくので、よく汗疹になることがありますし、大人も汗をかけば汗疹になる事もありますから、肌のかぶれや汗疹に気負付けたいですね。

汗疹やかぶれの原因とは?

汗疹やかぶれができる原因は夏と冬では少し違います。

夏の時期は、汗などで肌が不潔になっていることが要因となってきます。汗をかいて何もせず放っとくと、毛穴で雑菌が増殖し、汗疹やかぶれの引き金となるのです。

冬場は肌の乾燥がきっかけとされています。乾燥がひどい肌体質の方は気をつける必要がありますね。毛穴に雑菌が入り込んで赤くなり、かぶれたり発疹ができるのです。

しかしどのシーズンでも、対策さえしっかりすれば予防することが出来るです。

大事な事は保湿と衛生面ではないかと思います。

通気性が良好な服を選んで着るといい?

綿や麻を使った素材の服は、通気性が実に良く、肌に優しいことが特徴です。Tシャツなどは綿素材のタイプが多いんですよ。

夏場は特に通気性の素晴らしい服を着ることが必須です。ナイロンやポリエステルを使った服は、蒸れ易く汗をかいて雑菌が増殖する環境を作ってしまいがちです。

冬のシーズンでも、室内では通気性の良い服を着用するようご注意ください。

また、体質やコンディションによって下着やキャミソールなどが肌へ負荷をかけてしまい、かぶれの原因となることだってあります。

その場合は服を着用する前にベビーパウダーをはたいていれば予防になりますのでお試しください。

あせもが出来てからですとエスカレートする恐れがありますので、あくまで予防テクニックとして使用ください。

肌を清潔にキープし適度に保湿しましょう

汗疹やかぶれはばい菌が繁殖することで出来やすくなると思われます。

そのため、夏のシーズンは適度に制汗シートで汗をふき取ったり、お湯に入って汗を流すことを意識しましょう。蒸し暑い日は特にお気を付けください。

冬場も空気が乾ききっているため、肌を保湿してあげることが大切です。

お風呂上がりや帰宅後は、化粧水や美容液を使って保湿し、家では加湿器などで湿度を適度に保つようにしましょう。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ランキング応援お願いします

にほんブログ村 美容ブログ ニキビ・吹き出物へ にほんブログ村 健康ブログ 40代の健康へ にほんブログ村 ダイエットブログ 40代男性のダイエットへ

オススメ記事一覧

PAGE TOP