シミ対策

くすみとシミの特徴とは?頑固なメラニンには本格的なシミ対策も必要

くすみは肌の表面に出来るのですが、シミは真皮や肌の内部にできるんです。知ってました?

どちらとも、何の迷いもなく要らないと断言したくなるシミとくすみ。

くすみとシミはどちらも、おんなじように肌の表面に作られているように見えますが、正確に言えばできる場所が異なります。

くすみの特徴

くすみは、古くなった角質がずっと剥がれ落ちることもなく残ったまま、生まれ変われにくくなっていることが原因だと言われています。

また厚くて硬くなってしまった角質に、くすみの要因となる汚れやメラニン色素沈着すれば、なかなか消えることがない頑固なくすみが出来上がってしまいます。

シミの特徴

シミは表皮の最下層に位置するメラノサイトという名の細胞が、メラニンを過度に産生してしまいます。このメラニンが肌の真皮などの内部に沈着している状態をシミと言います。

くすみは広範囲にできるのですが、シミは一部分の肌の色が部分的に黒や茶色に色濃くなる場合が多いのです。

主な原因はどちらもメラニン色素

シミとくすみは出来る場所が違いますが、どちらともメラニン色素が原因で引き起こされます。過度に生成されてしまったメラニン色素が沈着してしまい、肌の色を変えてしまうのです。

年齢や肌ストレスによってターンオーバーが悪くなって除去が難しくなったメラニン色素が角質に停滞して、顔全体の広範囲を黒ずませちゃうとくすみになり、太陽光に含まれる紫外線の当たり具合一つで局所的に沈着するとシミになっちゃいます。

原因が同じですので、どちらの場合もUV予防に励み、かつ新陳代謝の向上を目指すという点では、対策方法も同じような部分があります。

違う点としては、くすみは肌表面の問題なので、血行促進や代謝改善などを行ったり、ピーリングなどを行えば比較的簡単に改善が見込めます。

しかしシミはメラニン色素が肌の内部に長い時間をかけて蓄積された結果なので消すためには、それ相応の時間も必要になります。

ターンオーバーの改善やUV対策で色が薄まらない場合は、本格的なシミ対策に移行必要があるかもしれません。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ランキング応援お願いします

にほんブログ村 美容ブログ ニキビ・吹き出物へ にほんブログ村 健康ブログ 40代の健康へ にほんブログ村 ダイエットブログ 40代男性のダイエットへ

オススメ記事一覧

PAGE TOP