シミ対策

紫外線によるシミダメージはメラニンの生成に異常が起きている

気付いたらシミ出来ていたって事ありませんか?

手鏡を覗いてみてください。もしかしたらシミを見つけてしまうかもしれませんよ。シミが出来だすと見た目が一気に老けますから、注意したいですよね。

シミとはメラニンが集まって塊になり、肌が黒く変色したようになったものになります。

意外かも知れないですが、正常なメラニンに紫外線から肌を守る効果があるんです。肌は紫外線を浴びせられると黒くなりますよね。あれは紫外線のダメージを受けないように皮膚を守ろうとメラニンが頑張っているんです。

ということは、シミの元となるメラニンは良いやつなのか?

そうだといいのですが、黒いシミになってしまうようなところでは、遺伝子に異常が出ていたりするんです。そのために過剰にメラニンが生成されるという事が起こっているのです。

太陽の下は気持ちいいですが、紫外線を浴びすぎると皮膚のDNAに傷がついてしまい、シミが消えなくなったりするので注意してください。

少しのダメージならば修復できる事もありますが、ダメージを放置し続けると修復不可能な状態に陥る事もあります。

他にもターンオーバーの周期がくるってしまって、新陳代謝によりあたらしく肌が生まれ変わるべきところでも、なかなか生まれ変わらないといった事が起こります。

こうなると、メラニンにより黒ずんだ皮膚がそのまま定着してしまうという事も考えられます。

ビタミンの摂取や紫外線対策、さらには禁煙やストレスの解消などいろいろと対処すべき事柄がありますので、少しずつ改善していってください。

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ランキング応援お願いします

にほんブログ村 美容ブログ ニキビ・吹き出物へ にほんブログ村 健康ブログ 40代の健康へ にほんブログ村 ダイエットブログ 40代男性のダイエットへ

オススメ記事一覧

PAGE TOP